体温計・血圧計

体温計・血圧計

体温計・血圧計やパルスオキシメーターは、患者さんの状態(バイタルサイン)を把握するために欠かせないのが3種神器。使用法は単純ですが、機械の力だけに頼ると思わぬ自己に繋がりかねないので注意が必要です。

患者さんのバイタルサインを掴む
看護で重要なものの一つは、患者さんの状態を把握することです。患者さんの身体の状態を把握するための兆候を、バイタルサインといいますが、具体的には、「体温」「脈拍」「呼吸」「血圧」のことをさします。

看護学校では、比較的初期にバイタルサインの測定方法や意義、正常と以上の判断方法などを学びます。この測定に欠かせないのが体温計や血圧計です。

 

体温計の種類と使い方
体温計は現在、大きく分けて水銀性のものと電子タイプのものがあります。測定部位に関しては、わきの下、直腸、耳で測るものなどがあります。

自分でわきの下に保持できる患者さんにはすい銀製でもいいのですが、そうでない人に関しては、破裂等の危険も伴いますので、電子体温計を使用します。
耳で測るタイプは測定時間が早く、なーすの人手が少ない場合などにたいへん便利な道具です。ただ、耳垢がたまっていたりすると、正確に測定できない欠点があるので注意が必要です。

 

血圧計の種類と使い方
血圧計もさまざまなタイプがありますが、水銀タイプや電子タイプがあります。形状も、ベットに置くタイプやスタンドタイプ、ベットの壁に取り付けるタイプや手首で測定できるものなど、使用形態に応じてさまざまなタイプが開発され例ます。

患者さんの状態や測定頻度やベット周りのスペースなどを考慮して、血圧計のタイプを選んで使用されています。
バイタルサインを測定するときは、現在では便利な道具がさまざま開発されています。しかし、性能がいいものほど故障しやすく、その場合は正確に即できないこともあります。ですから、道具に頼るばかりではなく、ナース自身の目や手から得られる情報など、患者さんに対する観察力が大事になることは今も昔も変わりません。

体温計・血圧計関連ページ

聴診器
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
タイマー
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
ストップウオッチと時計
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
予防衣とエプロン
予防衣とエプロン・ナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
筆記用具
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
駆血帯とヒジ枕
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。

ホーム RSS購読 サイトマップ