聴診器

聴診器

聴診器は
胸、腹、背中などに当てることにより、心臓、肺、超などの内臓の働きが正常であるかどうかを見るための道具です。

補聴器は、小さな音が聞き取れるような構造になっていて、大きな音を聞いたりチェストピースに衝撃を与えると思わぬ事故になることがあるので取り扱いには注意が必要です。

 

聴診器の構造
イヤーチューブ、耳管、チューブ、チェストピースからなっています。イヤーチップは聞く耳につける部位です。これが耳管に接続され、さらに耳管の延長はチューブに繋がっています。そしてチューブは、患者さんの身体に当てるチェストピースに繋がっています。

 

チェストピースには、シングルヘッドとダブルヘッドの2種類があります。シングルヘッドは片側にダイアフラムがつけられ、ダブルヘッドにはダイアフラム側とベル側の両方が使えるようになっています。

 

ダイアフラムとは、高周波数域の音を聞くときに向いており、面積が広いため音を大きく拾うことができます。一方ベル側は全ての周波数域の音を拾うことができます。

 

聴診器で分かること

心臓の動きの音を聞くことができます。そのため、音に異常があるときは心臓の弁の動きに異常があると考えられます。音の種類やリズム、速さを聞くことにより、心不全の有無や心臓の機能異常の仮説を立てることができます。

 

呼吸による音を聞くことができます。左右の肺の形に添って聞きます。異常がある場合は、バリバリ、ヒューヒューという音が聞こえたりします。肺の機能異常が分かり診断の手がかりにします。

 

腸の動きによって発する音を聞きます。腸の各部位に当てて聞きます。通常、腸は内容物を運び出す動きをしているため、常に音を発しています。そのため、腸動の音を聞くことにより、腸の機能が停止していないかなどを知ることができます。

聴診器関連ページ

タイマー
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
ストップウオッチと時計
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
予防衣とエプロン
予防衣とエプロン・ナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
筆記用具
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
駆血帯とヒジ枕
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。
体温計・血圧計
看護師の仕事道具とナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。

ホーム RSS購読 サイトマップ