看護の環境の変化

看護の環境の変化

医療の高度化は、

診療の機能細分化と医療技術の進歩により実現してきました。かつての内科は血液内科や内分泌内科、呼吸器内科などどんどん細分化が進んでいます。
診療科の細分化においては、看護の細分化でもあります、なので、看護師は最新医療技術を身に付けいく必要があります。ようするに診療科の細分化により知識を広めることが求められているのです。医療技術の高度化によりナースに深い知識が要求されるようになっています。

 

医療ニーズの多様化
医療安全や治療成績の開示など、日本国民のニーズは、医療の質と向上と患者個人個人に対するテーラーメイド的なサービスがいまもとめられています。こうしたニーズに対応するには、より多くの人的資源の投入、医療機関の業務改善が欠かせません。看護師の重要性は治療過程の各部分に関係しているので医療機関お業務改善は看護部の業務改善ともいえます。

 

医療の効率化による変化
医療の効率化は医療財源の適切な配分を目指しています。当然、手厚くされる部分と削られる部分が出てきます。医療政策は、急性期医療に対して症例を集中させ、高密度で質の高い医療を提供することを目指しています。高密度の医療を提供すると在院日数が減少するので医療費の効率化に繋がると考えられています。そのため、特定の医療機関に医療従事者が集まるように政策的に誘導しています。

 

1984年から日本における在院日数は減少しつづけ、ほとんどの病床を占める一般病床は84年から20年で約半分になっています。ちなみに、いままでナースを増員せずに対処してきたため燃え尽き症候群といわれるナースの離職も増えています。

看護の環境の変化関連ページ

医師との連携
医療の中心であるナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。

ホーム RSS購読 サイトマップ