医師との連携する看護師

医師との連携

入院治療において、
治療方針を決めるのは医師、実行するのは看護師という構図が思い浮かびますが、ナースが行う医療行為は、日本看護協会が定義した看護業務基準の看護実践の内容の5つのうちの一つに過ぎません。

 

医療機関では、
医療従事者が各自の専門性を生かし医療を行ったいます。効率よく連携するチーム医療が重要になっています。看護師は医師や医療従事者とともに情報交換をする、業みを行なう上で連携が欠かせないのです。」

医師は問診や検査結果などから治療方針を決め薬などの治療内容を確定させます。医師は患者に接する時間は非常に短いものです。そのためナースが患者さんの状態を把握し、医師に報告します。医師は患者の状態をナースの報告と診察結果から把握し、治療の継続や方針お行なうのです。
この治療の過程において、ナースは医療従事者のなかで一番患者に多く接します。患者の早期治癒を目指して、社会復帰のための援助を行なうのもナースのお仕事です。

 

治療の過程におけるナースのお仕事
患者さんが受ける治療の過程では、看護師は全ての場面で活躍します。患者が医療機関に訪れると、まず、受付の受診用紙に記入します。用紙には簡単な症状を記入してもらい、補足としてナースが患者さんに症状を聞き取り記入することもあります。

診察時には患者さんの身支度を手伝ったり、検査室やレントゲン室に誘導するのも仕事です。また、採血や内視鏡検査などの介助もします。治療においては、注射はもちろん点滴や、投薬、傷の手当、リハビリテーションの指導なども行ないます。
このようにナースは患者さんが治療行為をスムーズに受けるための重要な立場にあるのです。

医師との連携関連ページ

看護の環境の変化
医療の中心であるナースのお仕事に付いて、その仕組みと基礎知識について。

ホーム RSS購読 サイトマップ