医療の中心であるナース

医療の中心であるナース

ナースの仕事というと、病院で病人の看護をしているイメージがあります。もちろん病院勤務の看護師は多数ですが、国民の健康上のニーズの多様化に対応して在宅医療や介護分野における仕事の方面にも看護師は進出しています。

 

また、生活習慣病予防が注目される現在保健分野での看護師の活躍が目立っています。

看護師の仕事は、

人間の生命の誕生から死にいたるまでかかわる仕事です。看護は健常者の病気予防や病気にかかった患者さんが健康な状態に戻る過程において提供されるサービスです。

 

そうした意味で、看護師は人のライフサイクルや健康状態に合わせてサポートする仕事といえます。

 

看護師の仕事場は、

看護師の活躍の場は病院や診療所の他に、さまざまな場所に広がりを見せています。
たとえば、医療機関では外来診療時の援助や、入院時には看護計画の策定と実行、退院時には患者が自宅療養するさいの生活指導も行います。
訪問看護では、自宅でも患者が療養できる環境を整え、入院と変わらない程度の看護を提供しています。
さらに、介護施設などで看護に従事したり、保健所などの行政サービスでも活躍する他、製薬会社や医療機器メーカーの営業やインストラクターを担当したりする看護師も増えています。

 

また、看護学校や看護大学の教員となり後進の指導を行う看護師もいます。
ただし、保健師や教員の免許は、看護師の資格以外に必要です。

医療の中心であるナース記事一覧

医師との連携

入院治療において、治療方針を決めるのは医師、実行するのは看護師という構図が思い浮かびますが、ナースが行う医療行為は、日本看護協会が定義した看護業務基準の看護実践の内容の5つのうちの一つに過ぎません。医療機関では、医療従事者が各自の専門性を生かし医療を行ったいます。効率よく連携するチーム医療が重要にな...

≫続きを読む

 

看護の環境の変化

医療の高度化は、診療の機能細分化と医療技術の進歩により実現してきました。かつての内科は血液内科や内分泌内科、呼吸器内科などどんどん細分化が進んでいます。診療科の細分化においては、看護の細分化でもあります、なので、看護師は最新医療技術を身に付けいく必要があります。ようするに診療科の細分化により知識を広...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ